ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ロジャー・フェデラー

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

史上最高のテニス選手のひとりであるロジャー・フェデラーは、グランドスラム19勝、ウィンブルドンでの優勝最多記録という偉業を達成。しかし、スイス生まれのフェデラーにとって、当初テニスは記録を破ることが全てではありませんでした。彼の最初の双子の子供が誕生した2009年の夏、ウィンブルドンでピート・サンプラスの持つグランドスラム優勝回数歴代最多記録を破った時、彼は自身の思うところの偉業を達成ました。あの日、彼がつけていたロレックスの時計が、決定的な夏の記憶を呼び覚まします。

ロレックスとロジャー・フェデラー - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
ロジャー・フェデラーとロレックスの深い絆を見る。偉大なテニスプレイヤー、またロレックスのアンバサダーとして、彼はスポーツとロレックス デイトジャスト IIを心から愛している。

「私は“スイス人初の世界ナンバー1”になる可能性があることに気付き、それまで誰も達成できなかったことを自分が成し遂げるかもしれないということを知りました。」

記録を破ることは私にとって特に重要なことではありませんでした。私の目標は、きわめて現実的でした。いつかトップ100、できればトップ10には入れればいいと思っていました。でも自分の夢を実現するためには、いつも努力を惜しみませんでした。

私の人生の転機は、スイス・ナショナル・テニス・センターでトレーニングを受けるために家を離れることになった14歳の時です。ここで私は少年から青年へと成長し、今振り返ってみると、この3年間が私の人生で最も重要な時期だったように思います。この時、精神の強靭さが何よりも大事である、ということを理解しようとしていました。

しかし、私がテニスコート上で真に冷静でいられるようになるまでには、さらに6年の歳月が必要でした。私はハードなレッスンを受け、感情をコントロールできなかったために試合に負けた後には度々大きな失望を感じました。やっと体得した時、私はもう外部からの影響を受けないという達成感を覚えました。

私の祖国スイスは、今に至るまでの私自身の人間形成に重要な役割を果たしています。やがて、「スイス人初の世界ナンバー1」になる可能性があることに気付き、それまで誰も達成できなかったことを自分が成し遂げるかもしれないことを知りました。そしてそれが現実となります。私はその可能性に真正面に向かい合いました。ライバルたち、自分が達成することになるかもしれない記録、そして私がいつもプレーすることを楽しんできたトーナメントは良い意味での緊張とモチベーションを私にもたらしました。

「この時計を見ると、あの日の記憶が鮮明に蘇ります。」

そして2009年が訪れました。人生で初めて全仏オープンを制したばかりでした。そしてピート・サンプラスの持つグランドスラム優勝回数歴代最多記録に挑むべく、ウィンブルドンへと乗り込んだのです。ロディックとの5セットに及ぶ激闘に勝利し、その記録を破った時は本当に信じられない気持ちでした。私は最後のセットまで一瞬たりともゲームを諦めませんでした。それが私に勝利をもたらしました。表彰台でトロフィーを天に向けて掲げた時、私の手首にはロレックスの時計がありました。

ロジャー・フェデラーのロレックス デイトジャスト II

だからこそ、この時計は私にとって重要な意味を持っていますし、これを見るとあの日の記憶が鮮明に蘇ります。決勝戦を観戦していたピート・サンプラスは、私が彼の記録を目の前で破ることになっても、いつもここに来続けると言っていました。ビョルン・ボルグもいましたし、ジョン・マッケンローはコメンテーターを務めていました。またロッド・レーバーの姿もありました。伝説の人物たちの多くがそこに居合わせていたのです。そして私が退場した後、彼らが私のところにやってきて、新記録の達成を称えてくれました。この時、テニスがつなぐ家族愛のようなものを感じて、本当に感動しました。このような瞬間こそが私にとって、とても大切なのです。

ロレックスの時計を着けるたびに、さまざまな感動のシーンが蘇ります。また、努力しなければ、そして自分より努力する人がいれば、いつか追い越されるということを思い出させてくれます。だから、どこか冷酷なまでに、タフに突き進む必要があります。そして、いつでもフェアであること、品位を持ってプレーすることを心がけています。それはとても重要なことです。

他のストーリーを見る

#EveryRolexTellsAStory