ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ニコ・ロズベルグ

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

ニコ・ロズベルグは、父親ケケの軌跡を辿るかのように、Formula 1 ワールド・チャンピオンの王座に就いた。子供の頃、彼は偉大なモーターレースのレガシーの真の指標は、モナコグランプリで優勝し、F1ドライバーズタイトルを獲得することだと教えられた。ロズベルグはその両方を成し遂げた。2013年、父親に次いで30年ぶりにモナコでチェッカーフラッグを浴びた時の感動を振り返る。彼のロレックスは、自身の最大の夢の一つを達成したことを常に思い起こさせる。

Every Rolex Tells a Story — Nico Rosberg

「ある時、私たちがレースから家に帰る途中、父が私に言いました。『ニコ、もしモーターレースに偉大なレガシーとして名を馳せたいのなら、達成しなければならないことが2つある。モナコグランプリで優勝すること、そしてワールド・チャンピオンになることだ。』」

私は4歳の時にカートを始めました。2人乗りだったので、父がスロットルとブレーキを担い、私がハンドルを握りました。父のレースを見て育ったので、父は大きなインスピレーションでした。それはとても迫力がありました。車、雰囲気、アドレナリン、ファンの歓声、戦い、テクノロジー、勝利。

ある時、私たちがレースから家に帰る途中、父が私に言いました。「ニコ、もしモーターレースに偉大なレガシーとして名を馳せたいのなら、達成しなければならないことが2つある。モナコグランプリで優勝すること、そしてワールド・チャンピオンになることだ。」

「その年のモナコグランプリに勝つという一線を越えたことは、私の人生の中でも屈指の影響力を持つ感動的な経験でした。」

Formula 1ドライバーズ・ワールド・チャンピオンの息子であることは、ある意味ではそれを容易にしてくれましたが、同時に幼い頃から私に多くの注目が集められていたため、より困難なことでもありました。自信家ではなかったので、自分がレースのために生まれたとは必ずしも思っていませんでしたが、結果的には良かったです。そのおかげで私はモチベーションを保ち、最良の自分になることに専念することができました。

2013年、私たちはチームとして素晴らしい年を過ごしました。私はポールポジションを獲得するようになり、チームが表彰台に上がることもありましたが、モナコで優勝することが可能だとは思ってもいませんでした。それにもかかわらず、私は大いに燃えていました。

その年のモナコグランプリに勝つという一線を越えたことは、私の人生の中でも屈指の影響力を持つ感動的な経験でした。ヘルメットの中で叫んでいたのを覚えています。車両の中で狂喜し、ラジオでチームに向かって「やったぞ!」と叫びました。そこで観戦していた友人や家族と喜びを共有できたことで、より大切な思い出となりました。モナコグランプリでは、父が優勝してからちょうど30年後に優勝しましたが、父が成し遂げたことをとても誇りに思っています。

実はそのレース後の月曜日に、この時計を購入しました。2013年5月に妻に結婚記念の贈り物を購入すると決めていました。それはローズゴールドのデイトナでした。しかし、モナコグランプリへの追い込みがあまりにも激しく、レース後に購入することにしました。自分が実際に優勝するとは思いもよらずに。そして翌日の落ち着いたタイミングに家を飛び出し、ロレックスのブティックに行きました。

ポール・ケイヤード ロレックス ウォッチ

「この時計は、私がモナコグランプリで経験した素晴らしい日々の象徴です。これは始まりであり、3度の優勝のうちの最初の勝利でしたが、私にとってはキャリアの中で最も大きな功績の一つです。私のFormula 1のレガシーの中でも非常に大きな部分を占めています。」

妻の時計に向かい、右の方を見るといつも憧れていた時計、グリーンのサブマリーナーが目に入りました。もう一度見て、その瞬間に決めました。「ニコ、君はモナコのレースで優勝するという自身の大きな夢の一つを叶えた。素晴らしい贈り物で自分を労ってもいい時だ。」 それで私は両方の時計を購入しました。

私はとても保守的な人間なので、これは本当に稀なケースで、おそらく私が自分用に買った唯一の腕時計でした。その瞬間は私にとって類稀なことでした。この時計は、私がモナコグランプリで経験した素晴らしい日々の象徴です。これは始まりであり、3度の優勝のうちの最初の勝利でしたが、私にとってはキャリアの中で最も大きな功績の一つです。私のFormula 1のレガシーの中でも非常に大きな部分を占めています。