ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

マーク・ウェバー

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

オーストラリアに生まれ、夢を追いかけて1995年に渡英したレーシングドライバー、マーク・ウェバーは、ついに2002年、彼のメントーであり親しい友人でもあるサーキットの伝説、ジャッキー・スチュワート卿に見守られてFormula 1デビューを果たした。彼は2009年に大ブレイクし、ドイツグランプリに優勝。F1世界選手権の表彰台に8回立った。この優勝の時に、それまでモータースポーツに注いできた努力と困難を乗り越えてきた象徴として、初めてのロレックス、GMTマスターIIを手に入れた。2014年に耐久レースに移行した彼の腕にあったのは、まさにその初めてのロレックスだった。

ロレックスとマーク・ウェバー - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
マーク・ウェバーとロレックスのストーリーを見る。オーストラリア生まれのレーシングドライバー、F1世界選手権9回の優勝、彼の成功の象徴であるGMTマスターⅡについて語る。

「私は最高のドライバーたちと競い合い、世界最高のサーキット、最高の舞台、そして最も激しく過酷で、非常に高い精度が求められるスポーツで勝負したかったのです。それがモーターレースのFormula 1であり、私はその舞台で戦うチャンスを得ることができました。」

私の父は、オーストラリアのニューサウスウェールズにある小さな田舎町のオートバイのディーラーでした。とても小さいときから私の血にはガソリンが少々入っていたように思います。父は、シドニーに戻ってきたジャック・ブラバム卿やジャッキー・スチュワート卿を見るために、ヒッチハイクでたくさんのカーレースに足を運んでいました。カーレースはずっと私の家族と共にあり、父が私のキャリアを応援し続けてくれたことを嬉しく思います。

 

私にとってレーシングカーを運転することは、人間とマシンが限界を押し広げ、極限に達することであり、それがすべてでした。私は最高のドライバーたちと競い合い、世界最高のサーキット、最高の舞台、そして最も激しく過酷で、非常に高い精度が求められるスポーツで勝負したかったのです。それがモーターレースのFormula 1であり、私はその舞台で戦うチャンスを得ることができました。人々が前進し続ける理由は何でしょうか。それは誰にも分かりません。だから常に言い続ける必要があります。「もっと、もっと自分自身の力を引き出し、そして周囲の人々の力も引き出し、さらに良い成果を追い求め続けたい」と。

2009年は私にとって大きな年でした。マウンテンバイクでひどい事故に遭ったため、そのシーズンを迎えるのに理想的な状況ではありませんでした。足を骨折し、肩と肋骨の何本かにひびが入り、準備に大きく遅れをとりました。しかし、このことから立ち直る力と粘り強さを学びました。この状況でFormula 1で優勝することは途方もないことでした。まぐれや運ではなく、世界最高のドライバーたちと正々堂々と戦って勝利することは特別なことでした。

「私にとってレーシングカーを運転することは、人間とマシンが限界を押し広げ、極限に達することであり、それがすべてでした。」

初めて優勝した後、ロレックス GMTマスターIIを購入しました。自分自身のためにとてもプライベートで特別なものを購入したいと思っていました。このような勝利の後は、これまでの努力や乗り越えてきた困難のすべてを象徴する何かが欲しくなるものです。永遠に残り、人生を共にし、何世代にも渡って受け継いでいけるものを手に入れたいと考えていました。ロレックス GMTマスターIIがふさわしいと思っていました。

マーク・ウェバーの時計

ロレックスを手に入れることはとても特別でした。なぜなら、それまでの私の人生の旅路であるだけでなく、このロレックスの一部が私とジャッキー・スチュワート卿との関係につながっているからです。彼とは私がまだF3でレースをしているときに初めて会い、それから彼との関係が深まりました。私にとって彼は父親のようであり、今もそうです。彼は、コックピットの中でも外でも、ピットの壁の両側から、私に素晴らしいアドバイスをこれまでに沢山与えてくれました。20年ほどたった今も、私たちは大変仲の良い友人です。

「永遠に残り、人生を共にし、何世代にも渡って受け継いでいけるものを手に入れたいと考えていました。ロレックス GMTマスターIIがふさわしいと思っていました。」

私の父が70歳になった時、息子から父への贈り物としてとてもプライベートな何かを購入したいと思いました。ちょうどロレックスが新しいデイトナを発売した時期でした。私は、父にとって特別で素晴らしいレースの伝統を受け継ぐ腕時計を求めていました。もし父がいなかったら、このようなレーシングドライバーになれなかったからです。その腕時計は私たち二人が共に歩んだ旅を表しています。私はオーストラリアの田舎の出身です。ロレックスを手にすることなど、夢にも思いませんでした。他の人が身に着けているロレックスを見ているだけでした。ですから、一生懸命働いて、一生ものとなる何かを自分自身にプレゼントするチャンスがあれば、それがより特別なものになります。