ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ララ・グート

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

スイス出身のアルペンスキーのチャンピオン、ララ・グートが国際的なアルペンスキーの大会に出場したのは16歳。以来、トップ選手のひとりとして活躍している。2008年、ワールドカップ スーパーGレースを制覇した最年少選手となった彼女は、2015-2016年シーズンには初のワールドカップ総合優勝を含む2つのクリスタル・グローブを獲得し、そのキャリアの頂点を極めた。ケガを克服し、大きなプレッシャーをはねのけて、グートはゼルデンで圧倒的な勝利を収め、次のシーズンに向けて幸先の良いスタートを切った。彼女のロレックス ウォッチはこの勝利の象徴であり、それ以上にその日に彼女が学んだ価値ある教訓を思い起こさせてくれるものだ。

Every Rolex Tells a Story - Lara Gut

「チャンピオンであることは、どのように向上し、自分自身に立ち向かっていくか、その方法を人々に示すことができる人物になることだと思います。」

私は、1歳の誕生日の春に人生で最初のスキー板を叔母からもらいました。夏の間中、私はそのスキーを足にはいて庭を歩いていたらしく、冬が訪れた時には私はスキーをする準備ができていました。私にとって、スキーをすることは、ごく自然のことでした。そして、どういうわけか私はワールドカップで滑るまでになっていて、どうしてそこまでたどり着いたのか分からないけれど、楽しんでいました。


スキーをすることとプロのスキー選手であることの間には明確な違いがあります。子供の時は、ただスキーに行くだけでした。でも、ワールドカップに出場する、あるいはプロのレベルまで達すると、どういうわけかスキーは多くの別の物に変わってしまいます。私がプロとしてのキャリアをスタートさせた時、それが最大の問題でした。スキー以外のものがあまりにもたくさんあったからです。16歳で初めてワールドカップに出場した時には、すべてのことにどう対処すればよいのか分かりませんでした。15歳の時はただスキーをしているだけだったのに、その1年後には全世界から私への評価が集まるにようになったのです。


チャンピオンであることは、どのように向上し、自分自身に立ち向かっていくか、その方法を人々に示すことができる人物になることだと思います。私には頼りになる両親がいて、「自分が求めることをやりなさい、知りたいことを知り、そしてそのために戦いなさい」というアドバイスを通じて、私を支えてくれました。すべてにおいて良いバランスを保つために重要なのは、 戦うこと、トレーニングすること、休養すること、自分自身を信じること、そして素晴らしい人々を周囲につけることだと思います。なぜならば、誰も自分ひとりでは何も達成できないからです。これらの要素の融合があって、力を発揮できるのです。

ララ・グートのロレックス ウォッチ

2016年に、私は初めてワールドカップで総合優勝しました。私はスイスにグローブを持ち帰ることができました。それは、20年以上ぶりのことでした。私のために力を尽くしてくれている人たちのおかげで達成できたのだということを実感し、とても感動的な瞬間でした。

 

このシーズン後に、ゼルデンでの大会に臨むことは厳しい挑戦でした。レースの前の週、私は自分自身を強すぎるほどのプレッシャーの中において、「私はタイトルを手にしていて、それよりも上を行くことが期待されている。でもそのためにはどうすべきか?」と考えていました。レース前日にある選手が「ただスキーをすればいい」と私に話してくれて、人間の精神はなんと強いものなのだろうと実感しました。できると思えば、人は何にでも勝つことができるのです。しかし、頭の中で自分自身を困難な状況に陥れると、逆にすべてを失ってしまうのです。精神は自分自身の最も悪い敵でもあり、最高の友人でもあるのです。ゼルデンは私にとって難しい挑戦でしたが、経験できたことに感謝しています。ここから多くのことを学ぶことができたのですから。ゼルデン以来、すべてが以前よりも容易に感じられるようになりました。

「人間の精神はなんと強いものなのだろうと実感しました。できると思えば、人は何にでも勝つことができるのです。しかし、頭の中で自分自身を困難な状況に陥れると、逆にすべてを失ってしまうのです。」

私の時計には、2016年10月22日の日付が刻まれています。これは私がゼルデンを制した日です。数年前にこの時計を見た時、「この時計は特別な瞬間のためにある」ものだと思いました。そしてゼルデンで、この時計が私を、何か月も、何年も、待っていたのだと感じました。でも、それを手にするのは本当に正しい時期でなければなりませんでした。ゼルデンでの勝利の日は、このレースと私がその日に学んだことを思い出させてくれるものを手に入れるのにふさわしい日でした。


人生において、目標をもつことは大切なことだと思います。人に変化をもたらすのは勝利だけではありません。「人間を成長させるのは過程であり、結果ではない」と父は私に教えてくれました。この時計はまさに過程です。時計が私に、スタート地点にいた自分と、最終地点に達した自分を映し出してくれるのです。過程や経験の中から人間は自分の人生を変え、向上し、そしてさらに先へ行く力を得るのです。だからこの時計は、勝利だけを思い出させてくれるものではありません。ゼルデンで私が感じていたこと、私が体験したストーリーすべてを思い出させてくれるのです。勝利はたった1日だけのことで、それで終わりです。でも、そこから学んだことは、これからの人生の支えとなるのです。

「この時計は、勝利だけを思い出させてくれるものではありません。ゼルデンで私が感じていたこと、私が体験したストーリーすべてを思い出させてくれるのです。」