ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

デヴィッド・デュビレ

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

1994年からロレックス テスティモニーのデヴィッド・デュビレは、水中写真の世界で最も有名なパイオニアの一人。1971年に初めて『ナショナル ジオグラフィック』誌に記事を発表して以来、瞬く間にこの雑誌のトップフォトグラファーの一人になった。デュビレのレンズは惑星のすべての海洋を捉える。彼が撮影した海と海洋生物の写真は人々を魅了すると同時に、保護の重要性をも知らしめている。ロレックスの時計は50年以上も彼の冒険に寄り添い、27,000時間にもおよぶ特別な水中体験を目撃してきた。

Every Rolex Tells a Story - David Doubilet

「ロレックスと共に北極海の冷たい海やパプアニューギニアの暖かい熱帯の海に潜ることは、時が行くべき場所に向かうということです。」

探検とは、どこかに行って新しい物を見ることを意味します。妻のジェニファー・ヘイズと私は、人々が海に目を向けるようなイメージを持って帰ることも含めて探検とします。私たちは大部分を水が占める惑星に暮らしていて、極めて美しく、驚くほど複雑な世界とも言えます。そこは無重力で、夢のような世界。しかし、それは夢ではなく実存する世界です。

ダイビングを始めた時から、潜水はいつも新たな発見への旅でした。現在、私たちは急速に変わりゆく時間や場所、海を文書に記録しています。そこに写真を加えることで、人々が海の美しさと、海が私たちの住む惑星の原動力であるという事実に目を向けるのです。

私の海中への興味は、8歳の時にニューヨーク州アディロンダック山地で行われたサマーキャンプから始まりました。マスクを着けて、とても小さな湖に潜った瞬間、私の人生は一変しました。降り注ぐ緑の光の中を泳ぐ小さな魚の姿。その時の光景を今でも覚えています。  

私は水中写真とは無縁のニューヨークで育ちましたが、『ナショナル ジオグラフィック』誌のフォトグラファーになることを夢見ていました。『ナショナル ジオグラフィック』誌で働く事は世界への唯一無二にして最高の扉です。70の記事を担当したことで私は水中世界のスケールの大きさを見続け、この水中世界は私に貴重な人生観を与えてくれました。

「『ナショナル ジオグラフィック』誌で働く事は世界への唯一無二にして最高の扉です。70の記事を担当したことで私は水中世界のスケールの大きさを見続け、この水中世界は私に貴重な人生観を与えてくれました。」

水中写真で最も重要なツールは好奇心、それも飽くことなき好奇心、そしてもちろん、光。それから機材は水中撮影用のハウジングではなく、ロレックスの時計です。

デヴィッド・デュビレのロレックス ウォッチ

16歳で初めてのロレックスを買い、『ナショナル ジオグラフィック』誌のすべての仕事でロレックスを着けてきました。ジャック・クストー船長や『ナショナル ジオグラフィック』誌の私のヒーロー、ルイス・マーデンもロレックスを着けていました。初めてロレックスを手にした時のこと、その時間や場所は私の人生に特別な瞬間として刻まれています。当時私は海洋研究所でダイバーとして働いていて、時計が必要でした。以前に持っていた時計は頻繁に浸水し、まるでアクアリウムのようで、全く使えませんでした。一方で、1962年当時、ロレックスは防水腕時計を販売していました。私は時計とブレスレットの両方を買いそろえる余裕がなかったので、「時計だけでも買えますか?」と尋ねました。すると、彼らは「はい」と答え、時計とラバーのストラップを用意してくれたのです。ブレスレットを買えたのは、それから2年後のことでした。56年たった今でも、私の腕にはロレックスがあります。

「以前に持っていた時計は頻繁に浸水し、まるでアクアリウムのようで、全く使えませんでした。一方で、1962年当時、ロレックスは防水腕時計を販売していました。」

私たちはバッテリーパワーの世界に生きていますが、、水中では機械式時計が私の命綱です。これまでにコンピューターが壊れてしまったことはありますが、ロレックスはありません。つい最近コンピューターが故障したのは、フィリピン沖で新たに発見された沈没した日本の飛行機に向かって水深150フィートをダイビング中のことでした。コンピュータが壊れても、時計は動き続けていました。

現在私が着けているのはロレックス ディープシーで、初めて買ったロレックスと同様に大切な時計です。このロレックス ディープシーの中には防水腕時計の歴史が集約されています。私はロレックスを着けないでダイビングをしたことはありません。水中では時間が極めて貴重で、時に光よりも大切で空気と同じくらい貴重なものです。水中では一日が数分や数秒に凝縮されます。だからこそ、時間を極めて正確に把握していなければなりません。時計が生死を分かつこともあるのです。

「56年たった今でも、私の腕にはロレックスがあります。」

この時計には忘れられない思い出が詰まっています。私たちは破壊や変化、そして希望を目にしてきました。優れた機械式の技術を持つロレックスを現実の世界、すなわち深海や極寒の海、最高峰の山々といった最も過酷な場所へ持っていく信念はロレックスが持ち続ける伝統と決意の表れであると私は考えます。私にとって、ロレックスと共に北極海の冷たい海やパプアニューギニアの暖かい熱帯の海に潜ることは、時が行くべき場所に向かうということです。