ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

アンゲリク・ケルバー

ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある

ドイツ人テニスプレーヤーのアンゲリク・ケルバーは、2016年全豪オープンでセリーナ・ウィリアムズに勝利し、グランドスラムの初タイトルを手にした。同年、世界ランキング1位の地位も獲得している。3歳でテニスを始めたケルバーは、15歳でプロに転向。その粘り強さが2011年、ニューヨークの全米オープンで彼女に大きな偉業をもたらした。世界ランキング91位から準決勝まで勝ち進んだのだ。ニューヨークは彼女のテニス人生で大切な転機となった場所であり、自分自身へロレックスウォッチを贈るのに選んだ場所でもある。

「15歳の時、私が今いる位置に到達したいと夢見ていました。でもそれは私が思っていたほど簡単なことではありませんでした。」

私は、世界で最も年長のナンバーワンテニスプレーヤーになったことを誇りに思っています。これまでのテニス人生では良い時も悪い時もあり、その中からいろいろ学び取ってきました。そして今では5年、いや10年前よりもテニスを楽しんでプレーしています。さまざまな逆境を経験しているからこそ、この年齢で世界のトップに立てたことが本当にうれしかったのです。15歳の時、私が今いる位置に到達したいと夢見ていました。でもそれは私が思っていたほど簡単なことではありませんでした。

最初のグランドスラムの決勝戦、私は本当にナーバスになっていました。何が起こるか全く予想もできなかったからです。でも、自分に言い聞かせました。「大丈夫、せっかくのこのチャンス、しっかりと立ち向かいなさい。人生において、グランドスラムの決勝戦を何度経験できるかわからないのよ」と。そんな思いを秘めてコートに立ち、自分がベストプレーヤーのひとりであることを世界に示したのです。

アンゲリク・ケルバーのロレックス ウォッチ

「この時から、私は自分を、自分のゲームを信じることができるようになりました。ニューヨークでの勝利は、私に最高の達成感を与えてくれました。」

2011年のこうした経験があったから、ニューヨークは私にとって特別な場所です。この場所で私のテニス人生における転機が訪れたのですから。その年の前半は、どの試合も1回戦で破れ、非常に辛い思いを経験していました。そして1年の最後のグランドスラムとなる全米オープンのためにニューヨークへ行き、辛抱強く、それでいて子供の頃に戻ったかのように楽しみながらテニスをプレーしました。この時から、私は自分を、自分のゲームを信じることができるようになりました。ニューヨークでの勝利は、私に最高の達成感を与えてくれました。
 

私は、この時計を2年前、ニューヨークにいた時に手にしました。店の中にいたのはわずか10分ほどだったでしょうか。自分の欲しいモデルがすでにわかっていたからです。そしてキャリアのこの段階で、「そう、私はたくさんのことを成し遂げた。だから今こそ自分にご褒美をあげる時だ」と思ったのです。ニューヨークを選んだのは、そこが私のテニス人生の中で節目となった場所だったからです。

この腕時計は私の一部のよう。私はこの時計のストーリーを知っているから、この時計を身に着けると自信が湧いてきます。この時計を手首に着ける時、そして私のことを知らない人にこれを見せる時、とてもすがすがしい気分になるのです。

「自分の欲しいモデルがすでにわかっていたからです。そしてキャリアのこの段階で、『そう、私はたくさんのことを成し遂げた。だから今こそ自分にご褒美をあげる時だ』と思ったのです。」

ロレックスファミリーの一員であることも私にとってとても重要なことです。ファミリーの誰もがこれまでに偉業を成し遂げ、さらに上を目指して日々戦っています。誰にでも人生には、良い時、悪い時がありますが、彼らは悪い時からでも何かを学び取り、決して諦めることがないのです。

世界を魅了するストーリー

アンゲリク・ケルバー

幼い頃から、アンゲリク・ケルバーは強い独立心と卓越したプロフェッショナリズムを示した。キャリア初期は数々の挫折を経験したが、中傷に決して耳を傾けることなく、強い決意を胸に試合と向き合い続けた。その後、ケルバーは比類ない忍耐強さと尽きることのない情熱によって2016年に2つのグランドスラム優勝を達成し、初めてナンバーワンテニスプレーヤーとして輝いた。

ロレックスとアンゲリク・ケルバー - ひとつひとつのロレックスにはストーリーがある
ロレックスとアンゲリク・ケルバーのストーリーを見る。ドイツ人テニスプレーヤーであり、ロレックスのアンバサダーでもある彼女がロレックス ウォッチを着ける意味について語る。

インスパイヤリング ウーマン
セレクション

限界を超え、伝統にとらわれず、新たな挑戦に挑む。
その類まれなる功績で世界を魅了する女性たち。