ブラウザが最新でない可能性があります。

ロレックス公式サイトを快適にご覧になるためにご利用のブラウザを最新バージョンに更新してください。

QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
マーティン・スコセッシのロレックス ウォッチ

スコセッシ

マーティン

一時代を築く

マーティン・スコセッシは映画史に輝く巨匠である。50年にわたるキャリアにおいて同数の作品を監督し、その作品の多くが名作として認められている。映画をこよなく愛する彼の情熱が、映画の保存への人々の意識を喚起し、1990年の The Film Foundation設立へと導いた。スコセッシは映画史屈指の影響力をもつ映画製作者の一人として広く認められている。

1960年代後半に初の長編映画を製作、ミーン・ストリート(1973)、タクシー・ドライバー(1976)、レイジング・ブル(1980)、グッドフェローズ(1990)などの名作によって映画の可能性に対する人々の常識を覆してきた。ニューヨークのリトル・イタリーで生まれ育ち、類い稀な芸術性、カリスマ性、寛大さを併せ持つスコセッシは、世界中のフィルムメーカーと観客にインスピレーションを与え続けている。

rolex_and_cinema_2018_martin_scorsese_0001.mp4

ロバート・デ・ニーロがボクサーのジェイク・ラモッタに扮してアカデミー賞の男優賞を受賞したレイジング・ブルは、作品賞と監督賞を含む8部門でアカデミー賞にノミネートされ、現代映画の傑作のひとつであると称えられている。続いてハスラー2(1986)、グッドフェローズ(1990)、ケープ・フィアー(1991)、エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(1993)、カジノ(1995)、クンドゥン(1997)など数々の作品を世に送り出した。2000年代に入ってスコセッシは新しい方向性を見出し、ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)、アビエイター(2004)、そして彼の最初の監督賞受賞作品となったディパーテッド(2006)、最新作のサイレンス(2016)などを次々と発表していく。

マーティン・スコセッシと映画

「私は映画が、映画館が大好きなのです。私に世界を開いてくれたのですから。映画とは、自分が何者なのか、自分自身について語ってくれます。その時に自分が置かれていた社会を反映するものです。」

マーティン・スコセッシ

スクリーンでストーリーを語る上で、また自身の最も象徴的な映画の数々でディテールに徹底的にこだわるスコセッシは、ロレックス ウォッチを何度も映画に登場させている。中でもオイスター パーペチュアル デイデイトがお気に入りだ。

2008年、ロレックス メントー&プロトジェ アート・プログラムでメントーを務めた。アルゼンチンの若き映画製作者、セリーナ・ムルガをプロトジェに選び、シャッターアイランド(2010)の撮影現場に伴った。

ひと言で言うならば、マーティン・スコセッシは、まだ若いころに天職とした映画に、彼は計り知れない影響を及ぼしてきた。ロレックス フィルムの撮影中、彼は、いつまでも若々しい自身の創作エネルギーについて述べている。「私の映画で若い人が感動してくれたら、ワクワクしてインスピレーションを受けてくれたら、と考えることが好きです。私の作品からインスピレーションを受けた人が何をするのか思いを巡らせています。」

 

「私の映画で若い人が感動してくれたら、ワクワクしてインスピレーションを受けてくれたら、と考えることが好きです。私の作品からインスピレーションを受けた人が次に何をするのか思いを巡らせています。」

マーティン・スコセッシとロレックス