ロレックスのタイムピースを世に送り出すのは、スムーズな機能を確保し、アフターサービスも担う時計技術者たちだ。初期のデザインから製造、そして時計のアフターサービスに至る、工程のあらゆる段階に関わっている。

完璧を追求し、絶えず革新するロレックスの時計技術者が手掛ける時計は、他とは一線を画し、耐久性に優れている。

コンピュータ化され、沈黙と静寂が包み込む工房で、白衣に身を包んだ熟練技術者たちは圧倒的な集中力を発揮し作業に取り組む。ロレックス作業場の雰囲気を端的に表すとすれば、深い静けさと、完全な献身により生み出される質の高い仕事だ。極めて精密かつ並外れた耐久性を誇る、機械式腕時計を製作するため、熟練した時計技術者たちが幅広いスキルと専門知識を駆使する。そこでは、代々受け継がれてきた由緒ある技術と、最先端のテクノロジーを両立させる。つまり時計技術者は先駆者としての情熱を注ぎ、必要十分な時間を費やし常に完璧を目指しながら、入念に仕事に取り組む。

働く時計技術者たち

時計技術者はロレックスの中心であり、当初から基盤としての役割を果たしてきた。ロレックスの時計の精度と信頼性、そして名高いタイムピースとしての、比類なき卓越性の鍵を握る存在だ。また、時計に個性を与えるのも彼らである。使い捨て文化とは対極に身を置く時計技術者は、時計が長く愛用されるよう最大限の努力を重ねる。そのようにして生み出される、オイスター パーペチュアルとチェリーニは1点1点が、耐久性と唯一無二の美しさを兼ね備えた機械式腕時計として、独自の特性を持つ。

精密な機械作業

工房ごとに異なる製造工程では、時計技術者たちはクラシックな技術と伝統を永続させ、先人のこだわりと忍耐を受け継ぎながら、高度に洗練されたテクノロジーも取り入れている。時計技術者は連続する歴史の一瞬で、長きにわたり守られてきた遺産を生かし、時計製造の芸術を新たな高みへと引き上げている。そこでは現代の優れた製造設備も一役買っている。

手作業の取り付け

時計技術者は、研究所や製造工程そしてアフターサービスなど、複数の専門分野にわたるチームの一員として、常に尽力している。設立当初から一貫して、ロレックスは技術者たちのスキルと知識に敬意を払い、また最高品質のトレーニングに力を入れてきた。

精密なキャリバーの組み立て

研究所の時計技術者たち

新しい時計が仕上がり、研究所内での最初の検査が行われる研究開発の初期段階では、時計技術者の経験をもとに、エンジニアがデザイン、製造、および将来のメンテナンスにかかわる技術的側面を判断する。研究所の研究開発部門に所属する時計技術者は、この段階で重要な役割を果たす。その確かな分析能力と測定能力で試作モデルの性能を見極め、改善を進める。時計技術者はデザイン工程の品質確保に欠かせない存在なのだ。工程の初期からの体系的な共同作業こそ、最終製品の並外れた品質を保証するものだ。

顕微鏡による検査

最初の図面から、たとえば組み立て計画や注油計画の精緻化に見られるような積極的な参加をはじめ、時計技術者は持てる専門知識を創造工程で発揮している。マイクロ工学チームが作成した部品で試作モデルを組み立て、持てる知識のすべてを投じて時計に命を吹き込み、製造ラインに乗せる。その後、信頼性と加速劣化のテストを実施する。最終的なモデルの承認を決める性能測定のすべてを公式化する。そして新モデルの発表時には、工業化段階において時計の組み立てを担当する技術者を指導する。

ケースの点検

製造担当の時計技術者たち

ブリッジ、プレート、ギア、バランスホイール、微細なネジ、極小のヘアスプリングなどの部品が慎重に製造される製造工程中、製造担当の時計技術者たちは、時計がデザイン段階で定めた要件を満たすことを一つひとつ確認する。 

製造担当の時計技術者たち

そしてどんな機械にも代わりの利かない、細部にわたる必要な調整を行う。試作モデルが承認されると、ジュネーブやビエンヌのさまざまな製造段階を担当する製造担当の時計技術者が引き継ぐ。この段階では、製造および組み立て工程中の時計から目を離さず、常に研究開発部門と連携して作業し、あらゆる場面で技術的サポートを提供する。

製造担当の時計技術者たち

その仕事の本質的な部分は、さまざまな工程中に品質管理を行うこと、その過程で実施した点検結果を分析すること、改善の提案や組み立て担当者への研修サポートを提供することにある。時計技術者は、製造工程が最初の段階で詳述された設定仕様に準じて、ブランドの厳しい品質基準を満たしていることを確認する。

時計製造 試作

アフターサービスを担当する時計技術者たち

ロレックスの時計は耐久性を念頭に置いている。当初から創立者のハンス・ウイルスドルフは、時計の購入後の品質維持にも取り組んでいた。堅牢性の原則は次第にロレックスの品質に組み込まれ、ほどなくしてメンテナンスの容易さについて、すべての新製品の仕様書に明記された。

アフターサービスを担当する時計技術者たち

アフターサービスにおいて、時計技術者は時計のメンテナンスを担当する。ここでは一連の手順に従った完全なアフターサービスを実行することで、長期にわたる信頼性に貢献し、審美的には時計本来の輝きを取り戻す。時計のデザイン段階から専門知識を投じてきた時計技術者たちは、アフターサービスでもその役割を効率的に発揮し、結果として世界中のロレックス愛用者の期待に応える、質の高いサービスを保証している。

アフターサービスを担当する時計技術者たち

アフターサービスを担当する時計技術者たちは、スイスのジュネーブおよびビエンヌのロレックス工場、海外の支社、そしてロレックス正規品販売店で従事する。時計製造の細部にわたる研修を受けており、ロレックスの新作の技術的仕様について最新事情にも通じている。時計技術者たちの知識を更新し、補完するための各種研修は、ロレックスにより常時実施されている。

アフターサービスを担当する時計技術者たち

世界中のトレーニングセンターで、ロレックスの持つ専門知識と時計製造の遺産が、次世代に引き継がれている。このようにして時計技術者たちは、ロレックスとその時計の永続に日々世界中で積極的に貢献しているのである。

ページをシェアする