2013

2色のセラクロムベゼル

2013年、ロレックスはブルーとブラックのセラミック製セラクロムインサートを備えたオイスター パーペチュアル GMTマスターⅡを発表し、翌年にはレッドとブルーのセラミック製セラクロムインサートを備えたモデルが登場した。1つのセラミック部品として製造された2色のベセルは、いずれも世界初であり、時計製造におけるセラミック使用のマイルストーンとなった。

2013 - 2色のセラクロムベゼル
2014

新しいチェリーニ コレクション

ロレックスは、クラシックからインスパイアされた12のモデルから成る、新しいチェリーニ コレクションを発表した。このコレクションは、ロレックスのノウハウと高い完璧性を兼ね備え、時代を越えたフォルムが時計製造の伝統を体現している。落ち着きがあり洗練されたライン、高貴な素材、贅沢な仕上げなど、どの細部をとっても、芸術としての時計製造の粋の結集といえます。

2014 - 新しいチェリーニ コレクション
2014

シロキシ・ヘアスプリング採用のキャリバー 2236

女性用モデル向けとして、ロレックスは、自社開発したシリコン製シロキシ・ヘアスプリング採用の新しいキャリバー 2236を発表した。このキャリバーによって小型の腕時計に比類なきクロノメーター機能が備わった。5件の特許を取得したこの機械式自動巻ムーブメントは、ロレックスが完全自社製造し、ブランドの女性用モデルに新世代ムーブメントの到来を宣言している。

2014 - シロキシ・ヘアスプリング採用のキャリバー 2236
2014

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展

空間というものを再考し続け、時を超越したイノベーションに努力を重ねるロレックスは、建築も活動分野の一環とみなしている。ロレックスは、世界屈指の建築フォーラム、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展のエクスクルーシブ・パートナーおよびタイムピースとして、建築の進歩に貢献してきた。

2014 - ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展
2015

新世代ムーブメント - キャリバー 3255

ロレックスは、デイデイト 40に搭載されたキャリバー 3255 を発表。この新世代機械式ムーブメントは精度、パワーリザーブ、信頼性、耐衝撃と耐磁性、そして調整時の操作性に新たな基準を打ち立てた。パワーリザーブは3日間に延長(約70時間)。先代に比べて24時間(50%)も長くなった。

2015 - 新世代ムーブメント - キャリバー 3255
2015

オイスターフレックス ブレスレット

ロレックスは、新しい革新的なブレスレット、オイスターフレックスを発表。ロレックスが開発・特許を取得している。外洋で活躍する時計、オイスター パーペチュアル ヨットマスターのブラックダイアルとベゼルを備えた18ct エバーローズゴールドモデルに初めて採用された。ブレスレットはメタルブレスレットの堅牢性と信頼性に、エラストマー ストラップの柔軟性、快適性、美しさを備えています。その内部には超弾性のメタルブレードが備わり、高性能のブラックエラストマーで覆われている。

2015 - オイスターフレックス ブレスレット
2015

SUPERLATIVE CHRONOMETER認定

すべてのロレックスウォッチと同様、2015年にロレックスが再定義したSuperlative Chronometer(高精度クロノメーター)である。この独自の称号は時計製造業界の基準より厳しく設定した、ロレックス独自の基準を通過したことを証明している。高精度クロノメーターには、 5年間の国際保証が適用される。

2015 - SUPERLATIVE CHRONOMETER認定
2017

チェリーニ ムーンフェイズ

ロレックスのチェリーニ ムーンフェイズには、6 時位置にブルーのエナメル ディスクが配され、満月と新月を表示します。満月はメテオライトのアップリケ、新月はシルバーカラーのリングで表されます。満月と新月が太陰周期に従って回転し、サブダイアルの12 時位置のインジケーターで月の満ち欠けを読み取ることができます。このモデルの特許を取得したムーンフェイズモジュールは、天文学的正確性を122年間保つ。

2017 - チェリーニ ムーンフェイズ
2017

映画芸術科学アカデミー

伝説的な映画の数々に登場してきたロレックスの時計は、何十年にもわたり、象徴として強い存在感を示してきた。2017年にロレックスは、1929年からロサンゼルスでアカデミー賞授賞式を主催する、映画芸術科学アカデミーのエクスクルーシブ・ウォッチとなった。ロレックスは、映画史の保護を目的とするアカデミー映画博物館の創設サポーターも務めている。同博物館は現在ロサンゼルスに建築中。間もなくオープンする予定だ。

2017 - 映画芸術科学アカデミー
2019年

Perpetual Planet

ロレックスは、環境問題に関する研究を支援してきた。この支援をさらに強化し、パーペチュアル プラネットと呼ばれるプロジェクトを開始した。気候変動の研究のためのナショナル ジオグラフィック協会との協力関係の締結、生物学者シルビア・アールの海洋保護プロジェクトであるミッション・ブルーの支援、そして人類の福利と環境を守るための知識の向上を目指すロレックス賞もその一環である。

ページをシェアする