ロレックスの歴史は、創設者であるハンス・ウイルスドルフの先駆的かつ先見性のある精神に密接に結びついている。

1905

ハンス・ウィルスドルフ

ロレックスの歴史は、創設者であるハンス・ウイルスドルフの先駆的かつ先見性のある精神に密接に結びついている。1905年、24歳のウイルスドルフはロンドンに時計販売の専門会社を設立した。そして、手首に着ける時計の構想を描き始めた。当時、腕時計の性能はあまりいいものではなかったが、彼は腕時計がエレガントであるだけでなく、信頼性も兼ね備えるものになると予見していた。

極めて革新的なこの時計がいかに信頼性の高いものであるかを人々に理解してもらうために、彼はスイスのビエンヌにある時計メーカーが製造した高精度の小型ムーブメントを搭載した。

1905 - ハンス・ウイルスドルフ
  • ブランドの誕生

    ハンス・ウイルスドルフ

  • 1908

    5文字のひらめき


    ハンス・ウイルスドルフは、自社の時計に短く、どの言語でも発音しやすく、かつ記憶に残り、時計のムーブメントとダイアルに刻印した時に美しくみえる名前を付けたいと考えた。

    詳細を見る
  • 1910

    クロノメーター精度の追求


    ロレックスは、初めにムーブメントの品質向上に力を注いだ。クロノメーター精度への飽くなき追求こそがロレックスを成功へと導いた。1910年、ロレックスの時計はビエンヌにあるスイスクロノメーター歩度公認検定局から、腕時計として初めてクロノメーターの公式証明書を獲得した。

  • 1914

    クロノメーター精度の追求


    4年後の1914年には、イギリスのキュー天文台よりロレックスの腕時計にA級証明書が与えられた。この証明書は通常、航海用のクロノメーターのみに与えられるものだった。以来、ロレックスの腕時計は精度の代名詞となった。

1919

ジュネーブ

ロレックスは、時計製造で世界的に有名なジュネーブに社を移し、1920年にジュネーブでモントレ・ロレックスSAとして登録された。

ロレックスの歴史 ジュネーブ 1919