ロレックスとヨットレース

ロレックスの世界

意志と知力が試されるヨットレースでは、瞬時に重要な決断がなされる。綿密な準備が施され、チームスピリットは最高潮に達する。ロレックスは由緒正しいレガッタレースに加え、著名なヨット選手と硬い絆を結び、セーラーたちと価値観を共有してきた。

ロレックス・シドニー・ホバート・ レース

ロレックスとヨットレース

ロレックス・シドニー・ホバート・ レース

不眠不休の628海里。クルーに休息の時間はない。一日の終わりには「とにかく無傷で夜を乗り切れ」と同じ祈りを唱える。鉄の意志を持ち、風と波に鍛錬され、荒れ狂う黒い大海原と闘う彼らは、まさしく海の男たちである。

マキシ・ヨット・ロレックス・カップ

ロレックスとヨットレース

厳しく困難なコンディションでさえもセーリングのエレガントさを打ち消すことはできない。サルデーニャ島の海岸線に沿って、地中海を軽快に横切っていくヨットの数々。しかし、絵のような美しい光景には、勝利をかけて戦うセーラーたちの姿がある。

ロレックス・スワン・カップ

ロレックスとヨットレース

2年に1度開催されるロレックス・スワン・カップは、サルディニア島沖の海を激しいレースの海へと変貌させる。世界トップクラスの船員たちが集結し、世界で最も美しいヨット100艘以上で競争する。風が吹き始めると、その度にヨットはさらに美しさを増していく。

ロレックス・ファストネット・レース

ロレックスとヨットレース

強風。大きな水しぶき。荒海をかき分ける船体の衝撃音。これらが船員のアドレナリンを刺激する。しかし、ケルト海とその気まぐれな天候パターンは、はるかに多くの試練を突きつける。ヨットが折り返し地点のファストネットロックに到達しても、ロレックス・ファストネット・レースのゴールまでには、まだ200マイルもある。2年に1度開催されるこのレースは、船員の対応力、忍耐力、技術、度胸が試される究極のレースと言えるだろう。だからこそ、このレースには非常に多くの人々が訪れるのであり、勝利がまさに伝説をもたらすのである。

ロレックスFARR® 40ワールド・チャンピオンシップ

ロレックスとヨットレース

ワンメイク ヨットレースの頂点を極めるロレックスFARR® 40ワールド・チャンピオンシップでは、 勝負はまさにクルーの腕次第といっても過言ではない。ボートと帆、さらにはクルーの総重量までもが厳しく定められ、統一される。勝者との差は、連携のとれたチームとして、綿密に風や潮の流れを読み、あらゆるチャンスを掴むクルーの実力のみ。大いなる海が瞬時に与えては奪い去る、わずかな違いが勝負を左右する。

ヨットマスターⅡ

ヨットマスターⅡ

オイスター パーペチュアル

オイスター パーペチュアル ヨットマスターⅡは、他には類を見ないレガッタクロノグラフ。 経験あるセーラーと海を愛する人を、レースで優位に立たせる。