トリエステ号 - ロレックスと探検
ロレックスを取り付けた深海潜水艇バチスカーフ、トリエステ号が10,916 メートルの深海に到達。オフィシャルサイトでロレックスと探検の関係に迫る。

最深部への潜水

ロレックスと探検

1960年1月、ロレックスを取り付けた深海潜水艇バチスカーフ、トリエステ号がマリアナ海溝でのアメリカ海軍による歴史的な潜水、10,916 メートル(35,800フィート)の深海に到達。

ネクトンプロジェクト

最深部への潜水

潜水艇 トリエステ号

最深部への潜水

地表の約71%を覆う水。水中探査のために設計されたバチスカーフは、今までにない見事な設計の潜水艇であった。ジャック・ピカールの父で、バチスカーフの考案者でもある聡明で探求心旺盛な発明家、オーギュスト・ピカールは「最初の答えは正しくない」という言葉を信じていた。

1953年、ピカール親子がトリエステ号のテストを始めたころ、ロレックスの技術者たちも数十年にわたり完璧を追求し続けており、新たな実験に乗り出したいと考えていた。アメリカ海軍の調査への参加により、ピカール教授は自身の発明による海底探査の夢をかなえることができた。

 

詳細を見る

64回の潜水

最深部への潜水

1958年、アメリカ海軍がトリエステ号をピカール親子から買い取り、ジャック・ピカールは潜水艇の操縦とメンテナンスの担当となった。初期のトリエステ号は耐圧水深6,000メートル(約19,684フィート)だったが、後に、水深11,000メートル(約36,088フィート)の圧力にまで耐えられるように設計され、最終テストまでに合計で64回の潜水を行った。

厳しいテスト

最深部への潜水

前例のない記録

最深部への潜水

チャレンジャー海淵

最深部への潜水

ディープシー スペシャル

最深部への潜水

1926年、ロレックスの創設者ハンス・ウイルスドルフが最初の防水腕時計を「オイスター」と名づけて以来、ロレックスは極限の状況下で働くさまざまな専 門家たちが必要とするツールを研究し続けている。ディープシー スペシャルは完全防水のオイスターの性能を証明するために開発された。

ディープシー スペシャルの遺伝子を引き継ぐモデル、サブマリーナー(1953年発表)や、シードゥエラー(1967年発表)の登場は、科学者だけではなく現場で働く人々にも、ロレックスの驚くべき技術が認識されるきっかけとなった。これらのモデルは、フランスの潜水専門会社COMEXのプロダイバーが行う本格的な水中探査には欠かせないツールとなった。ロレックスはCOMEXの協力のもとダイバーズウォッチを完成させた。トリエステ号の潜水によりロレックスの時計はプロのダイバーの間で知られるようになり、科学者から絶大な信頼を得るようになった。

詳細を見る
海中探検

海中探検

最深部への潜水

ロレックスは、世界の第一線で活躍する科学者たちの調査をサポートし、著名な海の開拓者たちとも長い間にわたり良い関係を築いている。その中でも、型破りの海中探検家ジャック=イブ・クストーは、海の擁護者として世界的に有名である。

また、勇敢なアメリカ人海洋学者シルビア・アールは地球で人間が生き残るためには探検は重要であると考えている。「私たち人間は、自然のシステムに頼って生きています。海や自然を大切にすることは、私たち自身を大切にすることなのです。」水中滞在時間が7,000時間を超えるアール博士の経験は、教育という重大な課題に非常に大きく貢献している。

ロレックス ディープシー D-BLUEダイアルエディション

ロレックス ディープシー
D-BLUEダイアルエディション

オイスター パーぺチュアル

地球最深部・マリアナ海溝の底に単独で到達した偉業、
ジェームズ・キャメロンの歴史的な単独潜水を記念して。