プラシド・ドミンゴ

ロレックスと芸術

「休めば、鈍る」。驚異的なキャリアの軌跡は、この一言に凝縮されている。3,500回を超える公演回数にもかかわらず、休むことなく新境地を追い求めつづけるテノール歌手。絶えることのない情熱。それは、もっとも偉大な美徳のひとつである。

他の記事を見る

ロレックスと芸術についてさらに見る