トム・ワトソン

ロレックスとゴルフ

アメリカの伝説的プレーヤー、トム・ワトソンは、1982年の全米オープンで鮮烈な優勝を飾った。彼はパー3の17番ホールで、長年のライバルであるジャック・ニクラウスとタイに並んだ。ニクラウスはその日を4アンダーの284で終えたばかりで、ワトソンの次のショットが命運を分ける鍵であった。彼はグリーンから6フィート離れたダウンヒルの深いラフより18フィートのチップショットを打つ必要があった。

「近くに寄せるんだ」とキャディのブルース・エドワーズが言う。「寄せるんじゃない。決めるんだ」とワトソンは答えた。そして、その通りに実行したのだ。「あれは人生で最高のショットだった。自分のゴルフ人生の中で、あれほど深い意味を持つショットはなかった。」

詳細を見る