全米オープン

ロレックスとゴルフ

究極の技能テスト。そんな表現でさえ控えめである。これまでも、多くの名手たちがこの大会で実戦を積んできた。試合が始まると、経験則は警戒心とせめぎ合い、徐々に心理戦の色が濃くなる。フェアウェイ、ラフ、バンカー、グリーン。やがて、そのひとつひとつに思い知らされることになる。最も美しい場所は、最も征服しがたいということを。

ゲーリー・プレーヤー

全米オープンの伝説

南アフリカ出身のゲーリー・プレーヤーは「黒い騎士」とも呼ばれ、アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウスと並び、「ビッグスリー」として名を馳せたゴルファーの一人である。1965年の全米オープンでは、18ホールのプレーオフの末、ケル・ネーグルを71-74で破り、アメリカ人以外で初の優勝を果たした。この勝利で、ゲーリー・プレーヤーは生涯グランドスラムを達成した史上3人目のゴルファーとなった。

トム・ワトソン

全米オープンの伝説

アーノルド・パーマー

アーノルド・パーマー

全米オープンの伝説

「キング」と呼ばれるアーノルド・パーマーは、現代ゴルフの先駆者として知られる。メジャー大会で7度の優勝歴を持ち、1960年の全米オープンで、親友でありライバルでもある「ビッグスリー」の一人、ジャック・ニクラウスをわずか2打差で破り、優勝した。

ジャック・ニクラウス

全米オープンの伝説

ビッグスリー

全米オープンの伝説

現代のチャンピオンたち

現代のチャンピオンたち

ロレックスとゴルフ

全米ゴルフ協会

全米ゴルフ協会

ロレックスとゴルフ

全米ゴルフ協会(USGA)との長きにわたるパートナーシップをロレックスは名誉に思う。R&Aとともに、USGAは、1894年の創立以来、ゴルフの振興と発展に尽力してきた。ルール管理を行うとともに、アメリカの全国選手権大会である全米オープンをはじめ、全米女子オープン、全米女子ジュニアから全米シニアオープンまで各種大会を企画運営している。

他の記事を見る

ロレックスとゴルフについてさらに見る