ロレックスの歴史

ロレックス ヒストリー

世界初の防水腕時計

1926

1926年、ロレックスが防水性と防塵性を備える世界初の腕時計を開発し、大きな第一歩を踏み出した。「オイスター」と名付けられたこの時計は、完全密閉のケースを備え、ムーブメントを完璧に保護することを可能にした。

海峡横断チャレンジ

1927

時計が防水性であると主張することは簡単である。しかし、その性能を証明することは容易ではない。1927年、若いイギリス人スイマーのメルセデス・グライツが、ロレックス・オイスターを着用してドーバー海峡を泳いで渡った。時計は10時間以上も水中にあったにもかかわらず、完璧に動き続けていた。

「テスティモニー」のコンセプト

1927

ドーバー海峡横断の偉業を称えるため、ロレックスは英国紙『デイリー・メール』の一面に全面広告を掲載し、防水時計の成功を発表。これをきっかけに、「テスティモニー」のコンセプトが誕生した。

パーペチュアルムーブメント

パーペチュアルムーブメント

1931

1931年、ロレックスは世界初の自動巻メカニズムを持つパーぺチュアルローターを開発。真の芸術作品と呼ぶにふさわしいこの独創的な機構は、現在のあらゆる自動巻腕時計の原点となった。

エベレストの上空を飛ぶ

1933

エベレストを超えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行された。搭乗したクルーたちは時計の性能に大いに満足した。

現場での実験室

1935

ロレックスは実際にオイスターが使われる場所で、その技術性能のテストや調整、展示などを行うことが最も適切だと考えた。スポーツや航空、モーターレース、探検などの分野は、時計における無数の技術特性を確認する実験室となった。

マルコム・キャンベル卿

1935

1930年代、ロレックスと世界最速ドライバーの一人であるマルコム・キャンベル卿が手を結び、共にスピードの限界に挑んだ。1935年9月4日、このスピード王者はロレックスの時計を着用してブルーバードのハンドルを握り、ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速300マイル(約485 km)という地上最速の記録を樹立した。マルコム卿は、1924年から1935年までに9回も世界新記録を更新し、そのうち5回はフロリダ州デイトナビーチで達成された。

ロレックスへの手紙

1935

「長らくロレックスの時計を愛用しているが、かなり過酷な環境でも完璧に動き続けている」 ― マルコム・キャンベル卿

最初のデイトジャスト

1945

1945年には、ダイアルの小窓に日付を表示する初の自動巻腕時計であるデイトジャストが誕生した。際立った特徴を持つデイトジャストには、このモデルのために特別にデザインされたジュビリーブレスレットが採用され、フルーテッドベゼルとの組み合わせはオイスターの象徴的デザインとなった。まさに、オイスターコレクションの中心的モデルと言える。最初は男性用だけであったが、発売から10年の間に女性用モデルも次々と発表された。

謎の紳士

1947

1947年、ロレックスの10万個目のクロノメーター認定を記念して、ハンス・ウイルスドルフは当時、最も重要な人物の一人とされた紳士にそのデイトジャストを贈った。この紳士が誰だったのかは、いまだに明らかにされていない。