ダイアル

豊富なバリエーション

歯車とフラワーモチーフ

新たなるデイトジャスト

2009年に登場したロレゾール デイトジャスト36mm。そのフラワーモチーフが時計と自然の世界の境界で均衡を保つ。それは機械的な完成美のさりげのない表現。4つのトーンで展開するスタイルとテクノロジーのこのシンフォニーは、繊細な外観ながら、シェーン・ブールの工場で培われる最新技術を必要とする。前例のない、象徴的で豊かな想像力が称えられるモデルだ。

ピンク、グリーン、ブロンズ、ゴールド、シルバーなど、カラフルなフラワーモチーフをまとい、華麗な女性らしさを放つデイトジャスト 36mmは、2009年に登場した。興味深い花の形状には明確な根拠がある。このデリケートな花弁は、機械式時計ムーブメントの歯車に他ならない。詩情を感じさせるこれらの文字盤は、ロレックスの時計の真髄である信頼性と正確な計時を象徴している。

詳細を見る
マザーオブパール

マザーオブパール

万華鏡のような魅力

古代ローマに思いを馳せて

古代ローマに思いを馳せて

知っていましたか?