ブレスレットとクラスプ

信頼、快適、エレガント

ブレスレットとクラスプはロレックスの快適な装着感に大きく貢献している。人間工学的に十分に研究し、デザインされており、その堅牢性と信頼性、デザインと光沢のすべてが時計の個性を作り上げている。

オイスターケースと同様に、ブレスレットもフォルムと機能が見事に融合したパーツである。ブレスレットの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術とノウハウ、そして職人の熟練の技術が活用されている。

オイスターロック

高い安全性と快適な装着感

ロレックスの時計部品の中で、クラスプほど日常的に使用され、かつ時計と装着者を結びつけることを象徴するものはない。ロレックスの時計という貴重な所有物をオーナーの手首に確実に固定し、快適な装着感を提供する、極めて重要なパーツと言える。

新世代オイスターロック クラスプは、プロフェッショナル ウォッチに求められる条件に応えるべく開発された。最新技術により強度と洗練を兼ね備えたこのクラスプは、シンプルな操作性、洗練された外観、そして何よりも高い安全性を特徴とする。

ロレックス グライドロック

快適なダイビング

耐蝕性に極めて優れた904Lスチールで製造されたこのダブル エクステンション ブレスレットは、まさに「海中居住者」のために設計された。特許を取得したロレックス グライドロッククラスプは、最大約20mmまで2mm刻みに調節することができ、フリップロックエクステンションにより、さらに26mmまでの延長が可能である。

これにより、どんなダイビングスーツの上からでも、快適で安定した装着感を実現する。

オイスター ブレスレット

アイコンとしてのアイデンティティ

1930 年代後半に発表された堅牢な金属のブレスレットで、平たい3連リンクで構成された、オイスターコレクションの中で最も代表的なブレスレット。プロフェショナルウォッチだけでなく、デイトジャストやデイデイト、スカイドゥエラーなどクラシックモデルの一部にも採用されている。ロレックスのすべての種類のクラスプ(オイスタークラスプ、オイスターロック、クラウンクラスプ)が搭載でき、長さ調節が可能で快適な装着感を提供するイージーリンクも搭載できる。

プレジデントブレスレット

アイコンとしてのアイデンティティ

プレジデントブレスレット

洗練され、高級感あふれる半円形の3連リンクの金属ブレスレット。1956 年に日付とフルスペルの曜日をダイアルに表示する世界初の腕時計として登場したプレステージあふれるオイスター パーペチュアル デイデイトの発売に合わせて発表された。プレジデントブレスレットは、今日でもデイデイトと女性用の貴金属製デイトジャストの一部のモデルにのみ搭載されている。クラスプはロレックスのエレガントなコンシールドタイプのクラウンクラスプが採用されている。

ジュビリーブレスレット

アイコンとしてのアイデンティティ

しなやかで快適な5連リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。このブレスレットにはロレックスのエレガントなコンシールドタイプのクラウンクラスプが採用されている。

Rolex bracelet
brace • let
  1. ロレックスを快適に装着するためのブレスレット。
  2. オイスター、ジュビリー、パールマスター、プレジデントなど、それぞれが独特のスタイルを持つ。
  3. 堅牢性を実現するソリッド・リンク構造。
  4. 長さ調節が可能な特許取得のイージーリンクシステムが、更に快適な装着感を提供。
  5. 特許取得のフォールディングクラスプが快適性と強度を両立。
  6. エレガンス、機能性、信頼性の完璧な調和。
  7. The Rolex Way.
パールマスター ブレスレット

パールマスター ブレスレット

アイコンとしてのアイデンティティ

やわらかな丸みを帯び、洗練された5連リンクの金属のブレスレットで、1992年に発売されたパールマスター モデルのために製造された。パールマスター ブレスレットにはロレックスのエレガントなコンシールドタイプのクラウンクラスプが採用されている。

他の記事を見る

ロレックスについてさらに見る